>コンテンツ>自身の健康と胎児の健康を考える【妊婦の便秘解消法を知ろう】

自身の健康と胎児の健康を考える【妊婦の便秘解消法を知ろう】

善玉菌の重要性

妊娠中は体型・体質ともに変化し、便秘も起こりやすいため、体重管理も踏まえた健康食品やサプリメントを取り入れることが大切です。特に便秘解消には、腸によい影響を与える善玉菌が優勢になる環境を作ることがポイントです。早産であったり、低体重で生まれてきたりするケースも少なくはなく、その原因には悪玉菌が優勢となる免疫細胞、病原体も関与しています。赤ちゃんが風邪などを引きにくいのは、胎盤を通して送られた抗体と、母乳の成分がウイルスをブロックするからです。こうした点からも、善玉菌を優勢にするには、毎日の食事で増やすことですが、プロバイオティクスとプレバイオティクスが含まれた食品を一緒にとることが必要です。妊婦の場合には、体重管理が必須ともなり、また、健康食品によって含まれる種類も違うので、バランス化を図るにはサプリメントが適しています。

サプリメントでお腹の調子を整えよう

妊娠後期になれば、子宮内の胎児も大きくなり、腸を圧迫し、蠕動運動も抑制されやすく、自ずと血流も悪くなりがちです。冷えなどにも繋がりやすく、妊婦の時にだけ便秘がちになる女性は少なくはありません。便秘をすると、腸内に老廃物が溜まり、ガスや有害物質が発生し、胎児にも影響が出ることもあります。お腹の調子を整えるにも、薬に頼るのは避けるべきで、安心して摂取できるのがサプリメントの利点です。腸内環境を整え、母胎によい影響を与える微生物を増やし、便秘解消に繋がります。乳酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖や食物繊維などを総合的に補える形がベストです。なるだけ、力むことなく、腸の活動が活発になる朝習慣で見直し、毎日のスッキリを目指すのがポイントにもなります。